読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宅建から難易度

宅建から難易度

宅建のダブルライセンス

同じ不動産業界の資格でダブルライセンス
たとえばマンション管理士管理業務主任者の資格を取っておくと、マンションの管理人の仕事をスペシャリストとしてできる立場になります。実は管理人のいないマンションは全国にたくさんあって需要はまだ手つかずのままだという話ですね。

そして、宅建から難易度
◆金融系の資格でダブルライセンス
宅建の資格があると、銀行や証券会社のような世界にも入れるわけです。ああいう会社でも不動産の契約の話はよく出てきますから。こういう世界に興味があるなら、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格なんかを持っておくととても立場が有利になるはずです。
◆法律関係の資格でダブルライセンス
宅建って、地味な法律の勉強をたくさんしないといけませんよね。やってる間はつらいかもしれません。でも、法律に対する基礎知識ができるわけですから、いわゆる「士業」の資格を狙うときに有利になれるんです! 弁護士では難しすぎるでしょうけど、司法書士行政書士社会保険労務士なんかだったら、難易度も手頃ですし、宅建の知識と組み合わせていろいろな形式で仕事を請け負っていける道も開けてくるはずです。